100通りのピンクから“自社に合った「売れる色」”を探す

100通りのピンクから“自社に合った「売れる色」”を探す

100通りのピンクから“自社に合った「売れる色」”を探す

  • On 2020年10月23日

自社の女性ターゲット広告を「何となく女性向けだからピンクで柔らかい感じ」に作っていませんか?

女性にとっては、ピンクと一口にいっても100通りの印象を与えるピンクがあります。

例えば、柔軟剤のようなターゲットの幅が広い商品に関しては、フローラルのイメージもあり、全体として柔らかなピンクが使用されることが多いです。
一方、10代20代の若い女性向けの商品パッケージなどは、アグレッシブな印象を与えるビビットなピンクを使用することがあります。

実際に男女で見える色の数が違う、と科学的に研究されています。脳で色を処理する能力が男女では異なるそうです。

下記記事で紹介されています。大変興味深いですね。
http://www.nahw.or.jp/blog/2660.htmlhttps://www.excite.co.jp/news/article/Rocketnews24_249225/


多くの色を判別できるとなると、当然、色の受け取り方も変わってきます。

 

色は広告のデザインにおいて強い印象を与える部分です。
女性は直感的にデザインの好き嫌いを判断するので、購買意欲を左右する大きなポイントです。

上記のように、女性向けの広告は色一つとっても敏感さと繊細さを求められます。
そのため制作会社も女性向けの制作を得意としている会社に依頼するのをお勧めいたします。

特に年齢やコンセプト、顧客イメージに合わせて対応できる女性マーケティング視点のある制作会社なら、ターゲットに沿った幅広い提案が可能です。

 

是非御社の商品・サービスにあった制作会社を探してください。